moonshotで利用出来る処理系

###Site Name###

moonshotは高集積サーバとしてさまざまなタイプのコンピューティングユニットを持っています。従来の講習石サーバはコンピューティングユニットが固定化されており、台数だけの設定でしたが、moonshotは個性的なユニットを用意してさまざまな分野での利用が可能となっています。

moonshotの利用で多くなっているのがリモートデスクトップ環境です。

従来の仮想化したOSをユーザーに貸し出すサービスからCPUのコアを割り当てるHDI環境に切り替えることが可能です。

moonshotはAMDのOPTERONを利用できますのでコア数4つのユニットで4人のリモートデスクトップを実現可能です。

ユニットは複数用意できますので最大180のリモート環境を少ないスペース、電力で実現可能となっています。

moonshot情報はすぐに役立ちます。

moonshotはビッグデータなどのCPUパワーを必要とする分野でも活躍できます。

ビッグデータ解析には多数のCPUとCPUパワーが必要ですが、XEONプロセッサを搭載したコンピューティングユニットを持っていますので計算能力は大きなものとなります。

また、メモリも32GBをユニット単位でつめますからシステム全体でのメモリ数も大きなものとなります。



従来はサーバ単位で購入し、設置することが多かったので、数十のラックを用意して解析する方も多かったのですが、1Uで4つのシステムが搭載可能ですので事例としては11ラックを1つのラックに圧縮できたなど高集積性が突出したシステムとなっています。

エキサイトニュースの情報ならこちらで掲載されています。