3parのストレージに使われている技術

###Site Name###

ストレージは日々進化していますが、その中でもトップクラスのスループットを実現しているのが3parのストレージです。


3parはヒューレットパッカードに買収後も技術革新が続いており、Thinbuiltinなどを利用して高スループットの製品を販売してきています。


3parのストレージ技術はASICを利用した専用コントローラによってなりたってます。



AISCはCPUよりも特化した処理が可能であり、利用が進められていますが、3parでは複数個のASICを利用してストレージ全体のスループット向上を目指しています。

マイナビニュースの知りたかった情報がきっと見つかります。

ストレージのスループットで問題となるのがトランザクションが多数要求されている時ですが、従来のストレージではCPUを利用してデータ転送を行っていますが、ASICを利用してスムーズな転送を実現しています。

3parの情報をご提供しています。

データ転送は単一のASICではCPU同様にスループットが上がりませんが、3parではメッシュ状にASICを含むコントローラを配置することでスループットを劇的に向上させています。

さらにハードディスクについてはSSDやSAS、SATAなどが混在している場合でもスピードを一定に保つ事が可能であり、ハードディスクの個体差に影響を受けないシステムともなっています。

ストレージのスループットは障害時にも問題となりますが、ハードディスクの論理化が効率よく行えるシステムでもあるので交換後のシステム復帰もスムーズに行われています。