moonshotを利用するリモート環境

###Site Name###

moonshotは高集積サーバとして主に計算分野で利用が進んでいますが、コア数を増やせる仕組みでもあるのでリモートデスクトップ環境としても利用が進んでいます。

moonshotで利用出来るCPUはATOMやAMDのOPTERONなどさまざまなタイプがあります。

産経デジタルについての情報です。

中でもOPTERONは4コアCPUですので1つのコンピューティングユニットで4つのリモート環境を収納できます。



従来、リモートデスクトップはサーバ台数を増やして対応したり、コア単位のユーザ数を増やすことで対応されてきましたが、コスト面でうまくいかなかったり、動作が遅く問題となっています。

しかし、1つのシステムで45のCPUを搭載できるmoonshotであれば、収容できる人数も増やすと同時に省スペース、消費電力のカットが可能です。

また、1コアを専有させることも可能ですので利用者にとっても動作が遅くならない、他のユーザに左右されない利点があります。

moonshotを利用したリモートデスクトップ環境は専用のソフトウエアも用意されており、障害時の対応も素早く対応可能です。

また、トレーダー用の環境としても注目を集めてきており、保守性、動作速度で採用事例が増えてきています。


リモートデスクトップ環境についてはHostedDesktopInfrastructure、HDIとも呼ばれ、従来のVDIと呼ばれる仮想化タイプのリモート環境よりも有利であると考えられており、切り替えるユーザも少なくありません。

moonshot情報を利用しましょう。