3parのスケーラビリティ

###Site Name###

3parはストレージメーカーとして評価されていますが、ヒューレットパッカードに買収後もその評価は変わらず、さらに技術力を上げてきています。

特にスケーラビリティの高いストレージには評価が高くなっています。3parのスケーラービリティを実現しているのは独自のコントローラーです。

3parのストレージに採用されているコントローラーは従来のストレージで行われてきた単一のやり取りではなく、複数のハードディスクをコントロールすることが可能です。


コントローラには複数のCPUとASICと呼ばれる専用基盤から構成されており、データ転送等を効率よく行うことが出来ます。

珍しい産経ニュースを手軽に利用してみませんか?

このコントローラはメッシュ状に配置されており、論理的にハードディスクを1つのハードディスクとして扱うことが可能です。



メッシュ状に配置されているコントローラによる効果はデータの転送で力を発揮します。スループットが重要なストレージですが、トランザクションが増えてくると極端に能力が落ちる傾向があります。

しかし、メッシュ状に配置し、並列にデータをやり取りすることが実現されているのでスループットを落とさずにデータ転送が可能となっています。


コントローラにASICが採用されていることでCPUへの負担が極端に減っています。



そのため、より高度な処理をCPUに回せるのでストレージ全体の耐障害性能も向上しており、データの再配置やクローニングなど高負荷部分に集中できます。